効果的な看板の出し方とは?

皆さんは広告看板を出すとき、どのような点を意識して提出しますか?「なんとなくこの辺りがいいかな!」そのような提出の仕方をしていないでしょうか?
アール・サポートでは、様々な側面から地域や人の流れを分析し【効果が出る看板】を掲出していきます。
【効果的な看板の出し方】にはいろいろな要素があるので、ぜひ経験豊富な地域担当のスペシャリストにご相談ください。

効果的な広告看板の出し方とは

1.地域情報・動向の分析

対象クライアント様に合わせて、人の流れや人工分布などを分析しクライアント様に合った場所で広告看板を掲出するのが効果的です。

2.交通量の多い通り

地方や郊外では車が主な移動手段になっているため、主要な道路の交差点近くや、地域住民が利用するメイン通りなどが効果的です。また立地の悪いクリニックでも看板は大きな効果を発揮します。

3.人がたくさん集まる場所

ショッピングセンターや大型商業施設などはその地域に住む多くの方が利用する場所であるため、地域密着型のクリニックであれば効果的な広告手段となります。

4.他にはないデザイン

イラストや写真を使い、イメージで訴求し、より人の印象に残るデザインが効果的です。色味なども統一させることでブランディング形成が可能です。また、設置前に必ず回りの看板の掲載内容やデザインを確認し、埋もれず、負けてしまわないようなデザインであることが重要です。

5.大きなサイズで!内容はシンプルに!

大きく掲出できる場所では目に留まる大きな看板で!内容は伝わりやすいようにシンプルに! パッと見たときにストレスなく読めて、クリニックの存在をしっかり認知してもらえる大きさの文字と書体を選ぶことが大切です。 特にクリニックの場合、ご高齢の方が多いため、文字の読みやすさはとても重要な要素となるのです。

効果的な看板の出し方とは?
看板ひとつでどのような効果があるのか